メニュー

【どちらにするか迷ったら】 医療事務 VS 調剤事務

調剤事務では接客業務が多いのが特徴で、患者さんとの距離も近く、知識としては薬の知識もある程度必要となりますし、仕事に就いてからも勉強が必要です。

  • はてなブックマークに追加

医療事務の仕事内容は↓こちら

調剤事務の資格一覧は↓こちら

調剤事務の仕事内容

  • 接客業務
  • 商品整理
  • レセプト業務
  • 局内の清掃
  • 処方せんの受取
  • お薬手帳の確認
  • 新患・再来の受付
  • 処方のデータ入力
  • 薬歴簿の記入

調剤薬局は店舗形態のため、商品の販売が主な業務です。
丁寧な対応が求められ、病院で診察後、すぐに薬局へ来られる患者さんが多いので、迅速な作業も大切です。

レセプト業務ですが、調剤薬局での請求は「調剤報酬請求」と言われ、通常の病院やクリニックの「診療報酬請求」とは違います。
用紙の形式も異なるため、調剤報酬請求の知識に合わせ、処方せんからレセプトを作成するので薬の知識も必要です。

薬を直接扱えるのは薬剤師と登録販売者だけなので、調剤事務は受付や会計、データ入力、レセプト作成などの事務作業を受け持つのが調剤事務です。

薬の処方は院外処方が主流 増加傾向に

以前は院内処方も多かったのですが、最近は医薬分業化が進んでいて、院外処方が増えてきています。

処方せんの調剤薬局受取率推移棒グラフ

※日本薬剤師会「医薬分業進歩状況」より
上記グラフを見てもわかる通り、処方せんの調剤薬局での受取率は増加傾向にあります

全国薬局数推移棒グラフ

※厚生労働省資料「保健・衛生行政業務報告書」より
また、薬局数も年々増加していて活躍の場は増え続けています。

就職後、「登録販売者」という選択肢も有り!

2009年の改正薬事法にて、「登録販売者」という資格が設けられました。
一般用医薬品は、副作用リスクに対応して3つの分類に分けられていますが、この「登録販売者」の資格があると、その3分類のうちリスクの低い2分類の販売や管理が行えるようになります
薬剤師の資格と比べて極めてハードルが低いそうで、医療事務職も受験が可能です。資格を取ればまた仕事の幅が広がります!

受験資格は1年の実務経験が必要なので、実際に調剤薬局に努めてからスキルアップの楽しみがあります。

調剤事務講座の一括資料請求はこちら。 ※無料
*日本医療事務協会/ヒューマンアカデミー/ニチイの調剤事務講座の資料請求が一括で出来ます。

他の職種も、医療事務と比べてみましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク