メニュー

【どちらにするか迷ったら】 医療事務 VS 歯科事務

医療事務の資格の中には、【医科】【歯科】がある試験があります。

医療機関で働くか、歯科医院で働くか・・?
というのを迷う方も多いと思います。
歯科で働きたい場合は、当然【歯科】の資格を選んだほうがよいことになります。

このページでは、医療事務と歯科事務の違い、仕事内容を解説しています。

  • はてなブックマークに追加

医療事務の仕事内容は↓こちら

【歯科】のある資格一覧

上記4資格が【医科】と【歯科】の選択が出来るものとなっています。

歯科医院で働く医療事務

歯科医院での医療事務のポジションはどのようになっているのでしょうか。

歯科医院は、正式には「歯科診療所」といいます。
歯科では勤務医として病院に所属することはあまりなく、ほぼ「個人経営」です。

歯科医院の数はかなり地域差があり、全国でおよそ6万8千箇所あると言われる歯科医院のうち、1万か所以上は東京に集中しているそうです。
(東京以外では大阪・神奈川・愛知など大都市周辺に集中しています)

歯科医院での事務員のポジションを見てみます。


  歯科医院での事務員のポジション図

歯科医院の組織は、「診療」と「事務」に分けられます。
医療事務職専従のスタッフは少なく、歯科助手と事務職員を兼ねるという構成が最も多いです。

これはあくまでも「補佐」であり、患者さんの口腔内に触れることは出来ません。
例えば証明の角度調整や、レントゲン室へ案内したりするお仕事です。

歯科医院での医療事務の仕事内容

歯科医院で勤務する医療事務職にとって、一番重要なのは受付業務かと思います。
歯科助手としての役割の他、事務的な仕事内容としては、

  • 初診患者の診察券発行
  • 電話の応対
  • 会計
  • カルテ出し
  • 再診受付
  • 診療予約の受付
  • 待合室の清掃
  • レセプト業務

などが挙げられます。

医療を実際に行うスタッフが診療に専念出来るよう、事務作業全般を引き受けます。

かかせないレセプト業務

歯科医院では、医療保険の適用されない自由診療も多く、これは診療報酬の請求は必要無いのですが、やはり医業収入の多くを占めるのが保険診療です。

毎月診療報酬を請求するレセプト業務は、医院の経営に直接関わる重要な仕事となります。

ただ、歯科医院ではレセプト業務を外部に委託していることがほとんどのようです。
しかし、会計では患者さんの自己負担分の医療費を精算、会計する仕事をする訳なので、診療報酬に関する知識や医療法規、医療制度、医療保険の知識などの能力は必要です。

歯科医院も病院での医療事務と同じように、診療報酬に関する知識が必要であることは変わりません。

歯科助手・歯科事務講座の一括資料請求はこちら ※無料
*日本医療事務教会/ヒューマンアカデミー/ユーキャン/キャリアカレッジジャパンの歯科助手講座資料が一括請求できます。

他の職種も、医療事務と比べてみましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク