メニュー

【どちらにするか迷ったら】 医療事務 VS 介護事務

介護保険制度が導入されて、介護施設や訪問看護ステーション、老人ホームが増えています。
これらの施設で働く介護事務スタッフはかかせない存在です。

  • はてなブックマークに追加

医療事務の仕事内容は↓こちら

介護事務の資格一覧は↓こちら

介護事務の仕事内容

  • 介護保険請求業務
  • ケアマネージャーの補佐
  • 経費や給料計算等の経理関係
  • 受付
  • 会計
  • 介護に関する手続き等

主な仕事内容は上記のようなもので、介護保険請求業務は特に重要な専門的な仕事です。
介護保険事業が始まってまだ時間が経っていないので、「介護保険事務」をこなせる人材が少ないため、この知識と技能がある人は重宝されると思われます。

介護報酬は診療報酬の請求とはまた異なり、独自の算定方があります。介護事務関連の資格も続々と登場しています。(介護事務の資格一覧はこちら

介護事務の職場は増えている、介護保険事務の人材も不足している

介護関連施設はまだまだ設立ラッシュが続いているそうで、その数は増え続けています。
高齢化により需要が増える事は確実ですし、介護の現場は常に人材不足のところが多いようです。

そんな背景も手伝って、未経験者でも受け入れられやすく、専門性が必要とされる介護事務は、人材不足の今が狙い目、とも言われています。

医療事務よりも今後就職先が探しやすくなるのが介護事務の仕事かな?と思います。

ホームヘルパー資格も合わせて取得するのがお勧め

介護施設で働きたいと思っている人は、介護事務の資格に合わせてホームヘルパーの資格も取得しやすいので取っておくことをお勧めしたいです。
今のところホームヘルパーの資格は、規定の講習を受けて数日間の現場研修を受ければ資格が得られるものとなっています。

今後ホームヘルパーの資格は国家資格になるという噂もあります。介護事務として働く上で、ホームヘルパー資格もあることは就職時大変強みになるので、国家資格になり取得が難しくなる前に取得しておいた方が良いかと思います!

介護事務講座の一括資料請求はこちら。 ※無料
*日本医療事務協会/ヒューマンアカデミー/ニチイ等、介護事務講座の資料が一括請求できます。

他の職種も、医療事務と比べてみましょう!

スポンサードリンク