メニュー

【どちらにするか迷ったら】 医療事務 VS 病棟クラーク

病棟クラークとは、まさに「病棟の秘書」と言えます。
病棟のナースステーションで、入院している患者さんとスタッフのかけ橋となり、パイプ役を果たします。

医療事務の仕事内容は↓こちら

  • はてなブックマークに追加

病棟クラークの仕事内容

  • 電話応対
  • 入退院手続き
  • 病室のネームプレート作成
  • 各種伝票の整理
  • カルテ、レントゲン管理
  • 回診準備
  • 入院している患者さんの手術や検査などスケジュール管理
  • 退院時のサポート
  • レセプト業務を行う場合もあり

病棟クラークは病棟にて発生する事務を引き受けます。
また、入院費の支払いの説明や、支払いが難しい人には負担制度の説明をしたりしなければならないこともあり、専門知識が必要となってきます。

基本的に、
・入院手続き
・退院手続き
・病床管理

この3大業務をこなします。
※病床管理や、看護師が行うところもあります

また、病棟クラークはナースステーション内もしくは横の事務室などで業務を行う場合がほとんどで、患者さんやその家族から、医療についての質問をされる場合もあります。
そのような場合は医療スタッフへ報告をすることが前提ですが、自分自身もある程度は医療知識が無ければ質問が伝えられませんし、患者さんの言っていることも分かってあげられません。
なので医療についての専門知識もある程度勉強しておく必要があります。
(病棟は普通「消化器科病棟」「呼吸器科病棟」などと分かれているので、自分のいる病棟についての知識が必要です!)

正確、スムーズな連絡調整能力が必須!

入院された患者さんが、退院することになった!という場合には、不要になる食事や物品について関係部署へ連絡しておく必要があります。
(病床管理者、栄養課、寝具係、病歴係などなど・・)
また、検査やレントゲン等のスケジュールの調整もまかされる場合があります。

適切な把握能力管理能力が必要とされていて、院内の関係部署と連携したスムーズな連絡調整が病棟クラークには求められています。

それに合わせて、患者さんとのコミュニケーション力ももちろん必須です。
これは通常の受付などを行う医療事務と同じで、入院患者さんはとくに24時間病院にいる訳なので接する時間も多いです。明るく、節度ある対応が大事です。

病床の効率的な運用は病院経営に関わる大切な仕事

病床管理をさせてもらえる場合、この病床の効率的な運用はとっても重要な仕事となります。
病院での収入の大部分が入院収入と言われていて、空きベットの数や退院予定などの数値の把握、特別室の使用状況などの情報は常に気を配っていなければいけません

他の職種も、医療事務と比べてみましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク