メニュー

医療秘書実務能力認定試験のガイドライン

医療秘書実務能力認定試験概要
資格概要 医療事務スタッフとしての医療事務実務能力に加えて、医学基礎や関連法規に関する知識、患者接遇や院内コミュニケーション能力についての能力も評価する資格となっています。

実際の難易度について検証してみますと・・
問題例をみると、医療秘書関連の知識に関しては常識的なもので、さほど難しくはありません。
推奨書籍が

・診療点数早見表(医学通信社) 
・レセプト作成テキストブック(社会保険研究所) 
・保険診療基本法令テキストブック(社会保険研究所)
・図解 からだのしくみ大全(永岡書店)
・患者接遇マナー基本テキスト(日本能率協会) 

とされているので、独学で受験を目指す方は以上5冊は必ず勉強しておきたい書籍です。
公式教材もあります。医学知識、法規等幅広く出題されているので、油断は出来ませんが比較的難易度は低め、と思います。
受験資格 不問
受験料 一般受験:7,500円  団体受験:7,000円
試験日程 6月、11月、3月
年3回

平成24年6月17日(日)
平成24年11月18日(日)
平成25年3月17日(日)
試験地 協会の認定機関
(札幌、仙台、大宮、千葉、東京、神奈川、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、三宮、奈良、和歌山、岡山、広島、高松、松山、福岡、北九州、熊本、鹿児島、那覇)
合格率・難易度 約75%
主催団体 全国医療福祉教育協会

医療秘書実務能力認定試験を目指す通信講座

ヒューマンアカデミーが対応しています。

出題範囲

出題範囲
学科 マークシート30問
(医療秘書知識、医療関連法規、医学基礎知識)
実技 外来診療報酬明細書作成1問(上書き1設問、穴埋め25設問)

<<資格一覧へ戻る

いろいろ資格はあるけど、結局どれを目指せばいいんだろう・・?とお悩みの方はStep2へ!

はやわかりStep2 【医療事務資格のえらびかた】どれを目指すか、すぐきまる!

スポンサードリンク

スポンサードリンク